Archive for 10月, 2013

やはり・・

火曜日, 10月 8th, 2013

意外と早くて驚いたのですが、以前に予想していた通りフレンド田に続いてアミーゴ・キャンパス・イーキャンパスの3社が金利の引き下げを実施しました。
通常利率が17.40%だったのですが、16.80%になっています。
常に業界No1の低金利を鼓舞していただけに、他社の金利引き下げは断じて許せないという思いなのでしょう。
 
アミーゴの金利引き下げ
 
上図はホームページのキャプチャです。
せっかくの低金利NO1のわりには大々的にアピールしていないところが気になり、ページをめくってみると「なるほど」でした。
それが下の図です。
金利引き下げキャプチャ
つまり、一気に全員引き下げるのではなく、まずは新規から引き下げ、追加・再契約の申し込み時に随時引き下げるという事です。
追加などのアクションがない限り、しばらくは従来の利率のままという事なのでしょう。
「せこい」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これは業界では当たり前の事なのです。
既存客まで全員一気に引き下げとなると、例えコンマ6%の引き下げでも全体の収入源は計り知れないものとなるからです。
金利が下がるのは大変良い事なのですが、一方では貸し倒れリスクが高いと判断された場合、借りられなくなるという現象が起きます。
いわゆる貸し渋りです。
最終的には年12%~15%で落ち着くだろうと言われていますが、現在のアベノミクスとは正反対の動きをしているのが学生ローン業界です。
デフレ脱却どころではありません。
おそらくあと2~3年以内には年12%~15%という、低金利時代が訪れるのではないでしょうか。


追伸
こちらの記事は平成25年7月に投稿したものですが、サーバーを引っ越した関係で投稿日が10月になっております。

ついに・・・?

火曜日, 10月 8th, 2013

以前書いたこちらの記事で、フレンド田が近いうちに金利を引き下げるかも・・・というネタを紹介しましたが、やはり引き下げた模様ですのでご報告いたします。
ただ、新規店頭申し込みのお客様限定のようで、ちょっと予想外でした。
店頭申し込みで新規限定となると、サービスとしてはややパンチ力に欠ける内容となってしまいました。
ただ、まだ様子見の段階の可能性はあります。
前にも書いたように、消費者金融が金利を引き下げるのは容易ではないのです。
コンピューターシステムの組み直しや、印刷物の一新、ホームページの金利が含まれる全てのページの更新と、やる事は山積だからです。
カレッヂが既存客全てを引き下げた日から逆算すると、あまりにも早すぎるので、現在は準備中である可能性は極めて高いです。
かといって新規はやはりほしいでしょうから、とりあえず急場しのぎで店頭新規のみとしたのかもしれません。
店頭新規のみでしたらコンピューターシステムの変更も必要ないですし、ホームページの更新も限定的なもので済みます。
あまりにも対応が早いので、やはり8月位までは様子見といったところでしょうか。

追伸
こちらの記事は平成25年6月に投稿したものですが、サーバーを引っ越した関係で投稿日にズレが生じております。
尚、現在ではフレンド田は正式に実質年率17%での融資を実施しております。